人気ブログランキング |

古典に学ぶ

中国のことわざに「塞翁が馬」というのがあります。
内容は・・・

中国の北の方に占い上手な老人が住んでいました。
さらに北には胡(こ)という異民族が住んでおり、国境には城塞がありました。

ある時、その老人の馬が北の胡の国の方角に逃げていってしまいました。
この辺の北の地方の馬は良い馬が多く、高く売れるので近所の人々は気の毒がって老人をなぐさめに行きました。
ところが老人は残念がっている様子もなく言いました。

「このことが幸福にならないとも限らないよ。」

そしてしばらく経ったある日、逃げ出した馬が胡の良い馬をたくさんつれて帰ってきました。
そこで近所の人たちがお祝いを言いに行くと、老人は首を振って言いました。

「このことが災いにならないとも限らないよ。」

しばらくすると、老人の息子がその馬から落ちて足の骨を折ってしまいました。
近所の人たちがかわいそうに思ってなぐさめに行くと、老人は平然と言いました。

「このことが幸福にならないとも限らないよ。」

1年が経ったころ胡の異民族たちが城塞に襲撃してきました。
城塞近くの若者はすべて戦いに行きました。
そして、何とか胡人から守ることができましたが、その多くはその戦争で死んでしまいました。
しかし、老人の息子は足を負傷していたので、戦いに行かずに済み、無事でした。
f0162000_10362422.gif


-------------------------------------------

この話は「人間万事、塞翁が馬」と言われています。
この世のすべてのことは、塞翁の馬の話のように
幸福や不幸は予想のしようがないという意味ですね。

なので、失敗した時なんかはこの事を思い出して
これから、いかにフォローにするかを考えるようにしています。

いつまでも、くよくよ落ち込んでも何も良い事は無いですしねd(゚∀゚)
みなさんも何か辛い事があった時は「塞翁が馬」を思い出してください。
トラックバックURL : https://nhstaff.exblog.jp/tb/18025377
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nakamurahouse | 2012-10-02 10:37 | Trackback | Comments(0)

山口県 岩国市・柳井市・田布施町・平生町・光市・周南市で自由設計の注文住宅を手掛けるハピママの家/Bino・FREEQ HOMES山口/ナカムラハウスのスタッフブログ  ブログ担当  インテリアコーディネーター      高野さおり  3人のママで育児・家事・仕事に奮闘する生活を気ままに綴っております。 インテリアコーディネーター・2級建築士・整理収納アドバイザー2級取得


by nakamurahouse
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30